RoomCheckの仕組み。

RoomCheckは発言者の声、部屋の雑音、部屋の音響特性から生まれる反響音を把握してヒートマップを作成し、室内の各エリアで予測される収音品質を表示します。設置後も耳だけに頼ることなく、発言がしっかりと拾われているか確認することができます。

ヒートマップの見方。

ヒートマップは色で室内の収音状況を表します。緑色で示されているところは、完全にカバーされているエリア。黄色は十分カバーされているエリア。赤色のゾーンはデバイスを増やした方がよいエリアです。


作成したヒートマップは
あとからでも参照可能。

RoomCheckが完了すると、ヒートマップは会議室のプロファイルに保存され、後で参照することができます。