何が、何台必要か。
購入前にシミュレーション。

オーディオデバイスを購入設置後に、その会議空間に対応できていないことに気づくのは避けたいところです。Stem RoomDesignは会議室にどのデバイスが必要かを、購入前に正確に判断するためのツールです。

誰にでも使える。あらゆる会議空間を再現。

部屋の寸法や形状を設定し、家具を追加。どのようなレイアウトであっても、対象の会議室をバーチャルに再現できます。

選んで、置いて、確認するだけ。

会議室のオーディオシステムを自分で設計することができます。Stemデバイスを選択し、レイアウト図の中の希望する場所に配置します。
デバイスを追加すると、カバーエリアのシミュレーションが表示されます。発言位置が収音範囲にしっかりと入っているかチェックしましょう。


カバーエリアを濃淡で表示。

選択したデバイスが収音する範囲のバリエーションを2段階で表示されます。濃い緑色は最適な範囲を表し、薄い緑色は概ね収音できる範囲を示しています。



自分で設計したオーディオ
システムを現実のものに。

設計が終わったら、そのデータを保存しておくことができます。選択したデバイスを購入して実際の部屋に設置しましょう。