ワイヤレスをさらなる高みへ。

Wireless Workbench® 6

RF(無線周波数)はサウンドシステムの強い味方になることもあれば、最大の敵になることもあります。ですが、どんな環境でも無線信号を適切に管理できるソフトウェアソリューションがあります。それがWireless Workbench® 6です。Wireless Workbenchを使用すれば、システム全体のRF管理を一括で行うことができます。

Wireless Workbench 6を使用すれば、パフォーマンスを中断することなく、システムに接続しているすべてのデバイスのリモート管理が可能。対象デバイスの周波数計算・分析機能により、単一アプリケーションでショー全体の音響調整を行うことができます。タイムライン機能を活用すれば、RFデータを追跡して、後でチェックすることも可能。豊富なコントロール機能を搭載した無線システムなら、パフォーマンスが飛躍的に向上します。

迅速な管理

パラメーター設定を保存し、それを他のデバイスにも適用することで、よりシンプルに管理できます。

妥協のない周波数調整機能

無線周波数が安定していることは稀です。Wireless Workbenchを使用すれば、その時々のタイミングや空間に応じて周波数を調整することができます。

エンタープライズ規模のネットワーキング

複数のサブネットを設定すれば、デバイスのリモート接続が可能に。また、必要に応じてアクセス権限を付与し、ユーザーのネットワーク操作を制限できます。

  • 無料ダウンロード
  • Windows 8、10およびMac OS X High Sierra, Mojave, Catalina, Big Surに対応
  • デバイスの周波数(RF)、音声、電池残量パラメーターに関するアラートを送信
  • デバイス一覧、デバイス構成、ネットワークに関するレポートを作成
  • 他社デバイスのコーディネーションに対応(一部のプロファイルテンプレートが用意されています)

ダウンロード Wireless Workbench® 6

バージョン 6.14.1 | アップデートをすべて見る

ビデオ

Wireless Workbench® 6 ビデオ

互換性のある製品

SBC250

SBC250 2ベイネットワーク充電ステーション

ULXD6/ULXD8送信機の充電に対応したコンパクトなドッキング型2ベイネットワーク充電ステーション。

ULXD®4Q

クアッドチャンネルデジタルワイヤレス受信機

Shure ULXD4Qクアッドチャンネルデジタルワイヤレス受信機は頑丈なシングルラックボディに4チャンネルの優れた音質、RF信号安定性、および先進のセットアップ機能を提供します。

生産終了
AXT400

AXT400

デュアルチャンネル受信機

最新のアナログ、デジタルオーディオ技術を搭載したAXT400デュアルチャンネル受信機は、他に類を見ないRFおよびオーディオ性能を実現。

QLXD®4

デジタルワイヤレス受信機

QLX-D™ デジタルワイヤレスシステムで使用できるワイヤレス受信機です。

ULXD®4

デジタルワイヤレス受信機

Shure ULXD4は、ULX-D™デジタルワイヤレスシステムで使用するハーフラックのネットワーク対応ワイヤレス受信機です。

ULXD®4D

デュアルチャンネルデジタルワイヤレス受信機

Shure ULXD4Dデュアルチャンネルデジタルワイヤレス受信機は頑丈なシングルラックボディに2チャンネルの優れた音質、RF信号安定性、および先進のセットアップ機能を提供します。

QLX-D®

デジタルワイヤレスシステム

QLX-D® デジタルワイヤレスは、ピュアな24ビットデジタルオーディオによる明瞭でスムーズなパフォーマンスをお届けします。

生産終了
UHF-R

UHF-R

ワイヤレス・システム

世界中のプロたちに使用されているフラッグシップのネットワーク可能なワイヤレス技術。

生産終了
UR4S+

UR4S+

シングルチャンネルダイバーシティ受信機

フラッグシップUHF-Rシリーズの1つで、プレミアムワイヤレス用のシングルチャンネル、カスケード接続仕様です。

生産終了
UR4D+

UR4D+

デュアルチャンネルダイバーシティ受信機

フラッグシップUHF-Rシリーズの1つで、プレミアムワイヤレス用のデュアルチャンネル、カスケード接続仕様です。

P10T

P10T デュアルワイヤレス送信機

万が一のミスも許されないあらゆる規模のプロフェッショナル・モニタリング・アプリケーションに必要なツアリンググレードの機能に最先端テクノロジーを融合

生産終了
UR1M

UR1M

マイクロボディパックトランスミッター

軽量で控えめなUHF-RボディパックトランスミッターとTA4M、またはLemo-3コネクターオプション

SBRC

Shureラックマウント型充電ステーション

1Uラックスペースで最大8個のShureボディーパック型およびハンドヘルド型送信機充電池を同時に充電可能

AD610

AD610 ShowLink® ダイバーシティアクセスポイント

リンクされたすべての送信機と受信機間をShowLink™でワイヤレス接続

AD4D

2チャンネルデジタルワイヤレス受信機

すべてのADシリーズおよびADXシリーズ送信機に対応。

AD4Q

4チャンネルデジタルワイヤレス受信機

すべてのADシリーズおよびADXシリーズ送信機に対応。

生産終了
UR5

UR5

UR5 Portable UHF-R Wireless Receiver

生産終了
MW4D+

MW4D+

デュアルチャンネルダイバーシティ受信機

Shure MW4D+は、UHF-RMWプラットフォーム上で運用するための2チャンネルワイヤレスラックマウント付属受信機です。最新の技術と機能により、大規模なシステムのセットアップが素早く簡単にでき、優れたオーディオクオリティーとRF性能を提供します。

生産終了
MW4D

MW4D

ダイバーシティーレシーバー

Shure MW4Dは、UHF-RMWプラットフォーム上で運用するための2チャンネルワイヤレスラックマウント付属受信機です。最新の技術と機能により、大規模なシステムのセットアップが素早く簡単にでき、優れたオーディオクオリティーとRF性能を提供します。

ULXD®6

バウンダリー型送信機

ULX-Dデジタルワイヤレスシステムに対応したバウンダリー型送信機

ULXD®1

ワイヤレスボディパック型送信機

ULXD1は、ULX-D™ デジタルワイヤレスシステム互換のワイヤレスボディパック型送信機で、妥協のないオーディオ品質とRF パフォーマンスを提供します。

ADX5D

AXT Digital デュアルチャンネル・ポータブル・ワイヤレス受信機

優れたRF性能、高いスペクトル効率、クリアな音質  – AXT Digitalならではのクオリティーが、ポータブルなスロットインデザインで実現。 Shure最高峰ワイヤレスシステムに、 ポータブル受信機がラインナップ。

SLX-D

デジタルワイヤレスシステム

ストレスのない簡単なセットアップと選べる充電オプション、24ビットのクリアなデジタルオーディオと頼れるRF性能を持つSLX-Dは、会議からライブパフォーマンスにいたるまで、あらゆる用途であなたと聴き手をつなぎます。

SLXD4

シングル受信機

SLXD4は、スピーチからライブパフォーマンスまであらゆるシーンに対応する、シングル受信機です。

サポート

カスタマーサポート

修理依頼

修理の窓口は製品をご購入いただきました販売店様となります。

修理依頼

お問い合わせ

下記からカスタマーサービスにお問い合わせいただけます。

お問い合わせ

技術資料

Shure Tech Portal

すべてのShure製品の完全な製品ドキュメンテーション、技術サポート資料、ソフトウェアとファームウェア、およびその他のツールとリソースを1か所で。

サインイン launch

ドキュメント

リリースノート

Version 6.14.1

New Features

  • Added support to import third-party scan files generated by Anritsu spectrum analyzers.
  • Added the ability to scan with, and view data for, individual antennas on Axient Digital receivers (requires Axient Digital firmware 1.3.6 or later)
  • Added the ability to edit a stopped or imported Timeline file..
    • Create and edit markers and general file information.
    • Trim start time and stop time, and save as a new file.
  • Added an option to use computer location data to populate the TV channel exclusion data table (for select counties)
    • Location services must be enabled on your computer so that the application can approximate your location.
    • Your location data is not stored by Shure or the application.

New Device and Frequency Band Support

  • Added support for Axient® Digital ADX5D dual-channel portable slot-in receiver.
  • Added support for SLX-D® single- and dual-channel wireless receivers.
  • Added support for new Shure frequency bands:
    • BLX M19 | 694.500 MHz – 702.700 MHz
    • BLX Q12 | 748.300 MHz – 757.700 MHz
    • PSM300 L26 | 655.125 MHz – 678.875 MHz

Coordination 

  • Updated the offline TV channel database for the following countries:
    • United States – post-600 MHz transition
  • Added ability to rename or delete the Default RF Zone.
  • Fixed an issue where the scan peak hold overlay color was not being saved as part of the show file.
  • Fixed an issue where the name of a channel listed on the in-use tab of the frequency list dialog could be blank in one scenario.
  • Fixed an issue where it was not possible to sort by dBm or assigned channels in the assign & deploy dialog.
  • Fixed an issue where frequency values in the coordination workspace (CWS) list would not update after a custom equipment profile was edited in the equipment profile dialog.
  • Fixed an issue where resolving a conflict between stock and custom compatibility profiles by renaming the custom profile would cause some of its device info to display as empty.

Timeline

  • Markers can now be multi-selected and assigned a color or deleted as a group.
  • Fixed an issue where an invalid system event marker (“Inactive Tx Status”) would be presented when a transmitter was RF muted.
  • Fixed an issue where a channel header may not be visible after showing or hiding data streams.

General

  • Added support for P10R+ “battery type” IR preset on P10T in-ear monitor transmitters.
  • Added error icon to the tabs in charger properties panels for better visibility to the issue.
  • The first column of the RF Zone configuration matrix is now fixed when scrolling horizontally.
  • Added Antenna Cascade Status label to AXT630 properties panel.
  • Fixed an issue where the “Tx Hot” battery alert did not display for VHF, 900 MHz ISM, and 1.x GHz variants of QLX-D and ULX-D systems.
  • Fixed an issue where sorting the channel list by channel strip visibility in the monitor view was not working properly.
  • Fixed an issue where the ADX/AXT linking capability icon was not presented after relaunching the application or loading a show file.
  • Fixed an issue where changing the IP address of an AD610 ShowLink access point and rebooting it would cause the current channel and channel mask to be set to 0.

Known Issues

  • Battery type may not persist between power cycles for SLX-D transmitters on firmware version 1.0.13. To resolve, you must set the battery type on the transmitter again.
  • ULX-D receivers running firmware version 2.0.28 or earlier may trigger a Settings Conflict when rediscovered after updating their firmware to version 2.1 or later. There is no issue with the device—there was simply a new property added in version 2.1. To dismiss the alert, resolve the Settings Conflict by selecting the properties you wish to keep.
  • The Timeline System Event “Active Transmitter Online” for ULXD6/8 transmitters does not always include Transmitter Device ID in the event description.
  • SLX and ULX frequencies in Master List mode cannot be manually entered in the Coordination Workspace. They can, however, be coordinated and analyzed.

Notes

  • To operate Wireless Workbench successfully, you must run it as an administrator. This includes when updating from within the application using Wireless Workbench version 6.13.1 or prior. Consult your IT department if you have questions about enabling administrator permissions on your computer.
  • Opening show files created with older versions of Wireless Workbench may result in the Settings Conflicts dialog opening once the file has loaded. This is due to newly supported hardware parameters that have been introduced with updated firmware versions. To maintain all settings from the show file, select "Keep all settings from: Wireless Workbench."
  • Alerts logged when devices first come online may list device parameters and their values as they are being discovered even though the parameter values themselves have not changed.
  • The ability to request product labels through the Frequency Band Conversion Tool and Report has been discontinued. The band conversion function is still available for use. For more information, please refer to the WWB Help System in the application, or contact Shure Applications Engineering.
  • To operate Wireless Workbench 6.14.1 with other Shure products, reference the following list of minimum versions supported:
    • Axient Digital 1.3.6
    • Axient 2.1.11
    • PSM1000 1.7.10
    • QLX-D 2.3.24
    • SLX-D 1.0.13
    • UHF-R 1.171
    • ULX-D 2.4.25
    • SBC220/240 Two-bay Chargers 1.3.6
    • SBC250/450/850 Networked Charging Stations 2.4.13
    • SBRC Shure Battery Rack Charger 1.1.6
    • Shure Update Utility 2.6.0
    • ShurePlus Channels 1.4.6
  • Download previous versions of Wireless Workbench here

同等製品

Shure ワイヤレスシステムのためのリアルタイムで精密なリモートモニタリングとコントロール。