音楽家/DJ/プロデューサー/エンジニア 江夏 正晃氏 イヤホンレビュー (SE215 Special Edition Wireless)

ワイヤレスでもSE215 SPEの良さをしっかり引き出し、TPOに合わせた使い分けが可能
ワイヤレスでもSE215 SPEの良さをしっかり引き出し、TPOに合わせた使い分けが可能 – SE215 SPECIAL EDITION WIRELESSレビュー

コストパフォーマンスも良く、バランスのとれたダイナミックドライバーの世界標準とも言えるSE215 Special Edition(SP215SPE)は、少しオリジナルとは違うチューニングされているものの、低域から高域までとてもバランスよく再生し、普段使いはもちろんのことマスタリングのチェックの際にもよく使っています。BAドライバーや、マルチドライバーのイヤホンとは確かにキャラクターは違いますが、シングルドライバーならではの良さがよく出ていて質実剛健な印象のイヤホンです。ユーザーもとても多いので、マスタリングされた曲がSE215SPEだとどう聞こえるのかをチェックすることは、僕にとってはとても大切な工程になります。よく知人にコストパフォーマンスが良くて、音が良いイヤホンがないか?と、聞かれるとまずSE215SPEを勧めます。

そして満を持しての発売となったSE215 Special Edition WIRELESS!ワイヤレスになってその音質が気になったのですが、多少の違いはあるもののSE215SPEの良さをしっかりと引き出しています。適切な音量でリスニングすれば、スマホ環境での音質の差はほとんどないと言っていいでしょう。ただし接続時のコーデックはSBCのみなのでどうしてもハイレゾ作品などを聴きたい時はワイヤード接続を勧めます。スマホ環境で圧縮音源やストリーミングを再生する際は、気にする音質の差はないと言っていいでしょう。そしてうれしいことに、バッテリーも最大8時間と安心して持ち出しすることができます。もちろんMMCX接続なので、ほかのShure製のイヤホンにも簡単につなぎ変えることもできます。

じっくりと、スタジオや自宅でリスニングしたい時にはワイヤードで、外に出るときはワイヤレスで!と、TPOに合わせてSE215SPEを使い分けることができるのは素晴らしいことです。余談ではありますが、イヤホンを装着する際の「Shure掛け」もワイヤードタイプと同じく、接続部分のケーブルにワイヤーが仕込まれているので、安定して装着できます。小さいことではあるものの、これはとても重要なことなんです。イヤホンで正確なモニタリングをする際に一番大切なのが正しい装着。リケーブルなんかをしても装着が安定しなければ正確なモニタリングはできません。ワイヤレスになってもちゃんとそういったことに気を遣うShure製品は安心して使えます。

もちろん、スマホに接続した際には電話も快適に通話できます!Shureのイヤホンを持っている方ならばBluetoothアクセサリーケーブルRMCE-BT1だけでも購入することをお勧めします!

 

 

江夏 正晃(えなつ まさあき)

音楽家、DJ、プロデューサー、エンジニア。(marimoRECORDS/FILTER KYODAI) エレクトロユニットFILTER KYODAIやXILICONのメンバーとして活動する一方、多くのアーティストのプロデュース、エンジニアなども手掛ける。また株式会社マリモレコーズの代表として、映画音楽、CM、TV番組のテーマ曲など、多方面の音楽制作も行う。ヘッドホンやシンセサイザーのプロデュースなども手掛け、関西学院大学の非常勤講師も勤める。 著書に「DAWではじめる自宅マスタリング」(リットーミュージック)などがある。自他ともに認めるシンセサイザー好きで、ビンテージ、アナログシンセはもとより、最近はモジュラーシンセを使った制作、ライブなども積極的に行っている。

関連製品

SE215

SE215高遮音性イヤホン

ダイナミック型MicroDriver搭載で、温かみのあるディテールサウンドを再現するShureイヤホンのエントリーモデルです。