フリーライター 伊藤大輔氏 ヘッドホンレビュー (SRH940)

DJユースとしてのポテンシャルも秘めたSRH940
DJユースとしてのポテンシャルも秘めたSRH940
 
一台で事足りるヘッドホンを探して

音楽系の映像収録時のモニタリング、その後の音声ミキシングや補正、さらには音楽評論から趣味のDJ……と、普段の生活にとって欠かせないヘッドホン。
SRH940を導入しようと思ったきっかけは、愛用していたDJヘッドホンが壊れたことだった。これまではシチュエーションによってイヤモニとヘッドホンを使い分けていたが、できるだけ少ない持ち物でことを済ませたい自分にとって、モニター/リスニングはもちろん、果てはDJにまで対応するヘッドホンがあれば理想的なのにとは、常日頃から思っていた。
最近ではモニター/リスニングを兼用できるヘッドホンは増えているものの、DJ用となると出力レベルや遮音性を重視したものが多く、やはり専用機でというのが世間的な常識。
そんなときにふと、友人のエンジニアの“SRH940はPAの現場でも全然モニターできる”という言葉を思い出し、ということは”DJ用としても使えるのでは?”と思い立って、そもそもはモニターヘッドホンであるSRH940を、DJ用として試してみることにした。

 

DJ用に匹敵する音量/遮音性

テストしたのは渋谷のとあるDJ Bar。高品位なオーディオ・スピーカーをマウントしており、フロアも併設され、しっかりと踊れるくらいの音量が出る環境だ。
いざ、DJミキサーにSRH940を挿して、ニューディスコやエレクトリックなハウスを中心にプレイしてみる。
ヘッドホンでモニタリングすると懸念していた遮音性/音量もまったく問題なくモニターできたうえ、SRH940はイヤカップが90度回転するため、ヘッドホンを首にかけて片耳モニタリングができるのも好印象。
サウンドも低音がブーミーな一般的なDJ用ヘッドホンよりも、すっきりと高域や中域が見えるSRH940の方が、個人的にはダンス・ミュージックのリズムのアタック感が捉えやすかった。
それでいてEQのかかり具合も判断しやすいので、DJミキシングに没頭することができた。
結果、DJヘッドホンとしてのSRH940のテストは大成功。
DJユースとしても遜色のないポテンシャルがあることが分かった。
モニター/リスニング用としては前評判通りで、音の定位もしっかり見えるし、それでいて楽しく音楽を聴けて、対象物の良し悪しも判断しやすい。
ついでにDJという目線でもリスニングしてみると、SRH940はダンス・ミュージックとの相性も良く、テクノ/ハウスはもちろん、近年のトレンドでもあるベース・ミュージックなどのかなり低い帯域を出した音楽にもバランス良く対応してくれる。
ミキシング/リスニングからDJまでマルチに対応してくれる、自分にとって理想的なヘッドホンであることが分かったSRH940。
今後、末永く愛用できる一台になりそうだ。

 

 

伊藤 大輔 (いとう だいすけ)

リットーミュージック刊『べース・マガジン』『サウンド&レコーディング・マガジン』の編集を経て、フリーランスとして独立。音楽や楽器機材にまつわる企画編集・執筆を手掛けるほか、音楽機材のデモビデオやアーティストのライブ収録など、映像作家としても奮闘中。学生時代から無類のダンス・ミュージック好きが高じて、趣味のDJ歴はすでに十数年。

関連製品

SRH940

リファレンス・ スタジオ・ヘッドホン

タイトな低域を伴ったスムーズに伸びる高域エンドを実現する全帯域に渡る正確なレスポンスを備えたプロフェッショナル・オーディオエンジニアおよびスタジオユーザー用。