SM58 と SM57 の違いとは!?

2013年4月10日 SM58 と SM57 の違いとは!?

SM58とSM57の違いはなんでしょうか?良くある質問にお答えいたします!

image001

 

Shureの SM58 と SM57の違いは何?

SM57 マイクロホンとSM58 マイクロホンは、同じカートリッジ設計で、主な違いはグリルの設計です。

SM58 ボーカル用途向けに設計されています。そのため、破裂音を取り除くためにポップフィルターが内蔵された球型グリルが装備されています。

SM57 は楽器用マイクロホンとして設計されています。破裂音を考慮する必要がないので、グリルのサイズを小さくして実用的にしました。SM57 にはポップフィルタリング機能のある球型グリルがありません。それに代わって、レゾネーター/グリルアセンブリーが内蔵されています。グリルはカートリッジの一部です。

それぞれのグリルの設計により、各マイクロホンのダイアフラムを異なる音響環境に置くことができます。SM57 のグリルの先端からダイアフラムまでの距離はSM58と比較して短いので、より近いマイク位置による強い近接効果を得ることができます。さらにレゾネーター/グリルアセンブリーの設計の違いにより、SM57 は5kHz以上の帯域での出力が若干高くなっています。

 

マイクロホンの用途

SM57 は楽器用途向けに開発されましたが、これまでの歴史のさまざまな場面でボーカルマイクロホンとして使用されてきました。これは、近接効果が大きくなって、5khz 周波数が向上するので、1 つの楽器を強調または増強して収音したい場合に役に立ちます。また、エンジニアが特定のボーカリストの声を収録する際にも利点があります。ご自身の耳で確認して、用途に合わせてお選びください!

音の違いを聴きたいという方は、マイクリスニング ラボでチェック!

image002