【2017年 カンファレンス & ディスカッション新製品】Centraverseグースネックマイクロホン 新ラインアップのご紹介

Shure Japan | 2017年4月18日

設備音響用マイクロホンCentraverseのグースネックマイクロホンに、デスクトップベース一体型の新モデルCVG12D/CVG18Dが追加となりました。既存モデルと同様、ミュートスイッチもオプションで選択可能、更に充実した製品ラインアップとなりました。

CVG12D/CVG18Dは、2つのグースネック可動部とインラインプリアンプを持つグースネック型マイクロホンと、設置用のデスクトップベースが一体化された、会議用オールインワンソリューションです。また、カーディオイド指向特性と、スピーチ向けに調整された周波数特性を備えており、周囲の雑音やハウリングを抑えながら、明瞭な収音を可能にしています。
CVG12D/CVG18Dは、設備音響用途に最適なスタンダードモデル・Centraverseラインアップを補完する製品で、小規模~中規模のディスカッションシステム、カンファレンスシステム、ビデオ会議、パブリックスピーキングシステムなどと組み合わせて、高品質な会議音響環境を実現します。CVG12D/CVG18Dには、一体型デスクトップベースと3.6mのXLRケーブルが付属し、演台や会議テーブルへのスムーズな設置が可能です。

 

Shureのネットワーク・オーディオ・システム担当シニアディレクター、Chad Wigginsは、「Shureは、お客様に合わせたカスタムソリューションに定評があります。CVG12D/CVG18Dマイクロホンは、新しい一体型デザインにより、お客様が求めている耐久性、品質、手頃な価格はそのままに、簡単に設置できるオールインワンソリューションを提供します」と述べています。
CVG12D/CVG18Dは、スマートフォンやタブレットなどのポータブルワイヤレス機器からの不要なRF干渉を防止する、Shure独自のCommShield®(テクノロジー)を搭載しています。

また、用途に応じて、以下の3種類のラインアップからお選びいただけます。

  • インラインアンプ付き(CVG12D/CVG18D)
  • インラインアンプ、ミュートスイッチ、LEDインジケーター付き(CVG12DS/CVG18DS)
  • インラインアンプ、ミュートスイッチ、ライトリングインジケーター付き(CWG12DRS/CVG18DRS)

 

 

CVG12D

 

CVG12DS

 

CVG12DRS

 

Centraverseマイクロホンは、企業オフィスや研修施設、学校など、中規模で、限られた予算の中での確かな品質とコストパフォーマンスを求めるお客様に最適な、会議用マイクロホンのスタンダードモデルです。

製品に関するお問い合わせはContact@shure.co.jpまで。

Shure Japan

Shureは、およそ1世紀に渡って人々が驚くほど冴えわたるサウンドを世界に送り出してきました。 1925年に設立され、その品質、性能、耐久性で知られているオーディオ機器の世界的リーディングカンパニーです。マイクロホン、ワイヤレスマイクシステム、インイヤーモニター、イヤホン/ヘッドホン、会議システムなど様々な音響機器をユーザーに届けています。 クリティカルリスニングで、ここ一番の大事なステージで、スタジオで、そしてミーティングルームでも、いつでもShureがあなたを強力にバックアップします。 シュア・ジャパン株式会社(Shure Japan Limited) は、Shure Incorporatedの日本法人です。